こんにちは、内藤病院です。

東京都渋谷区初台の「かかりつけ病院」内藤病院のブログです。

気がつけば季節は夏!

コロナの猛威は相変わらずですが、如何お過ごしでしょうか?

 

先日病院の周りの「春」をお裾分けしたところですが、#StayHome している間に気付けばすっかり新緑の季節となっていました!

 

f:id:naitohos:20200517134908j:image

 

f:id:naitohos:20200517134912j:image

 

こんな時でも自然というのは当たり前に四季を営んでいて、本当に力強さを感じる日々です。

すっかり暑い毎日ですが、家に篭っているときこそ熱中症の危険が高まります!まだ時期が早いからと我慢せず、過ごしやすい空間で出来るだけこまめに水分を摂ってお過ごし下さい。

新型コロナウィルス流行につきお知らせ(追記あり)

 

最近の新型コロナウィルス流行につき内藤病院からのお知らせです。

 

f:id:naitohos:20200404212416j:image

 

内藤病院ではPCR検査は実施していません。

また、感染防止のため入院している患者さんへの面会もご遠慮いただいています。

少しでも小規模に感染を抑え、早期収束に繋がるためにご協力宜しくお願いします!

 

東京都医師会からのお知らせも届きましたので追記します

 

f:id:naitohos:20200405230721j:image

春の訪れ?

不穏な空気が流れている今日この頃ですが、外は少しずつ春の訪れを感じられるようになりました。

外へ出かけるのも憚られるご時世、内藤病院に訪れた春を少しだけおすそ分けします。

 

f:id:naitohos:20200327173440j:image
f:id:naitohos:20200327115836j:image

 

内藤病院は新型コロナウィルス感染症の流行拡大に伴い、現在入院病棟の患者さんへの面会は原則としてお断りしています。一刻も早い収束のためにもどうぞご理解とご協力をお願いします。

 

f:id:naitohos:20200327173505j:image

オリンピック、来年になりましたね…

内藤病院、いまむかし①

 

2020年、とうとう内藤病院は80周年を迎えます。

そこで、このブログでも内藤病院の歴史に関わる写真を少しずつご紹介することにしました。

 

今回は内藤病院の建物が完成した昭和14年の写真と、初代院長豊助が往診をしている当時の写真を。

いまでは車か、以前ブログでもご紹介したように天気の良い日は自転車で往診をしていますが、なんと豊助初代院長、この写真では農具の荷台に乗っているんです!当時、まだ周辺が畑だったころののどかな初台を感じる一枚です。

 

f:id:naitohos:20200314150242j:imagef:id:naitohos:20200314150245j:image

夏の風物詩!

先月22日、23日と毎年恒例の初台阿波踊り大会が行われました!

今年も有志のメーカーさんと一緒に元気に参加することができました。

f:id:naitohos:20191014165821j:image

相変わらず雨に降られてしまいましたが都内のシーズン最後の大会ということもあり沢山のお客さんが訪れて大盛り上がりの第50回という記念的な大会となりました。  

内藤病院は地域の皆さんのための病院です。阿波踊りの日は、これからも初台という街と密接でありたいと思いを強くする日でもあります。地域の皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします!

f:id:naitohos:20191014165833j:image

夏の大舞台

先月末に高円寺で行われた高円寺阿波踊り大会に参加してきました!
高円寺の阿波踊り大会は都内最大の阿波踊り大会です。院長は初台連の高張(大きな提灯)を持って目印の様な役をやりました。f:id:naitohos:20190919224405j:image
今週末は内藤病院の地元、初台の阿波踊り大会があります。都内シーズン最後の阿波踊り大会で納涼するのはどうでしょうか?勿論院長は踊る阿呆で納涼しますよ!f:id:naitohos:20190919224634j:image

 

※写真は連のメンバーが撮ってくれました。素敵な写真ありがとうございます!

初台長寿会総会に参加しました!

6月8日土曜日に初台長寿会総会があり、それに引き続き健康教室が開催されました。

f:id:naitohos:20190619134719j:image
私が講師としてお話しさせていただき、最近の高齢者の交通事故、身近なところでは歩行中の転倒や自転車での注意などをお話をしながら初台でなるべく長く過ごすためには?と言うことで地域包括ケアシステムについてもお話をさせていただきました。

f:id:naitohos:20190619134740j:image
さらにはACPについても触れさせていただきました。ACPとは、将来起こりうる病状の変化に備えて、医療従事者が患者さんと家族とともに医療上の希望、生命維持治療に対する意向、医療に関する代理意思決定者の選定などを行うことです。皆さんのようにまだ元気なうちに是非考えてください、とお伝えして締めくくりました。

f:id:naitohos:20190619134755j:image